合同会社設立からの徒然を書いています


by ssknblg
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2010年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

下鴨神社の紅葉

京都の紅葉も、見頃を過ぎつつあります。
そんな中で、紅葉情報でまだ「色づき始め」になっている
下鴨神社に行って来ました。
糺の森は木が高く、鬱蒼としていて日当たりが悪く
紅葉するのが遅い様です。
まだまだ緑の木が多く見受けられます。
赤くなるには陽射しが必要な様です。
a0164068_120251.jpg

a0164068_120487.jpg

a0164068_1211263.jpg

一本の木でも、日の当たるところは部分的に赤くなり、
面白い色取りになっています。
a0164068_1214325.jpg


下鴨神社は、来週になっても、もう少し楽しめそうです。
by ssknblg | 2010-11-28 01:24 | 四季 | Comments(0)

ふたたび鷹峯の紅葉

昨日、知人を案内して、
鷹峯(たかがみね)に再度行って来ました。
光悦寺、源光庵、常照寺と、
鷹峯には良いお寺が幾つかあります。

今度の方が真っ盛りかと思っていたのですが、
少し散り始めていました。

常照寺の紅葉
a0164068_1744024.jpg

a0164068_1753690.jpg

源光庵の紅葉
a0164068_176890.jpg

左が「悟りの窓」、右が「迷いの窓」
a0164068_1762592.jpg

光悦寺の紅葉
光悦垣のところの紅葉も散り始めていました。
a0164068_1772334.jpg

帰りは、紙屋川沿いに金閣寺へ出ました。
吟松寺の紅葉
a0164068_178028.jpg

八重の山茶花が綺麗でした。
a0164068_1783677.jpg

紙屋川沿いの紅葉
a0164068_1785847.jpg


今年の紅葉は色鮮やかでしたが、終わるのも早そうです。
by ssknblg | 2010-11-25 17:09 | 四季 | Comments(0)

京都鷹峯の紅葉

京都郊外の鷹峯(たかがみね)に行って来ました。
鷹峯にはこじんまりした、
良いお寺が幾つかあります。

未だ早いかと思いつつでしたが、
綺麗に色付いてきていました。
人もそんなに多く無く、静かに秋を楽しめます。
まだ暫くは見頃が続きそうです。

光悦寺、源光庵、常照寺で撮った写真です。
a0164068_23185623.jpg

a0164068_23191172.jpg

a0164068_23194173.jpg

a0164068_2320920.jpg

a0164068_23202947.jpg

a0164068_23204597.jpg

a0164068_2321691.jpg

by ssknblg | 2010-11-20 23:22 | 四季 | Comments(0)

京都北山の秋

雑木が綺麗かと期待して、
京都の山奥へ出掛けたのですが、
既に葉は落ちていました。
市内より5~6度気温が低い様で、
紅葉も早かった様です。
a0164068_11351789.jpg

落ち葉で山肌が染まって綺麗でした。
a0164068_11354531.jpg

残っていた紅葉。
a0164068_11362286.jpg

a0164068_1137194.jpg

川で見かけた「てん」。
a0164068_11372591.jpg

行きは鞍馬を通り、
帰りは大原を通りましたが、
綺麗に紅葉していました。
その辺りが見頃の様です。
by ssknblg | 2010-11-19 11:38 | 四季 | Comments(0)
11月11日のブログの続きになります。
今回、
 「賀茂別雷神社(上賀茂神社)土屋 檜皮葺き替え」
 「清水寺朝倉堂    半解体修理」
の保存修理の現場を見る事が出来ました。

今日は、清水寺朝倉堂の修理の様子です。

柱などの骨組だけ残して解体し、再び組み立てる半解体修理です。
a0164068_18135862.jpg

a0164068_18153182.jpg

解体する部材には、一つ一つ部材の名称や位置を記した番付札が取り付けられています。
a0164068_18172797.jpg

内側見えないところの構造材には、
曲がりくねった丸太がそのまま大胆に使われています。
外からだけ見たのでは分らないところです。
a0164068_18184077.jpg

舞台の左奥、緑の素屋根で覆われた建物が修理中の朝倉堂です。
a0164068_18191645.jpg


修理の進め方
http://www.kyoto-be.ne.jp/bunkazai/cms/?page_id=48
by ssknblg | 2010-11-13 18:20 | いろいろ | Comments(0)
先日、文化財建造物の保存修理を見学して来ました。
京都は応仁の乱や火災で多くの神社仏閣が焼失し、
江戸時代に再建されたものが大半ですが、
多くの建物が国宝・重文に指定されています。

今回、
 「賀茂別雷神社(上賀茂神社)土屋 檜皮葺き替え」
 「清水寺朝倉堂    半解体修理」
の保存修理の現場を見る事が出来ました。
今日は、上賀茂神社の土屋の檜皮葺き替え修理の写真を載せておきます。
a0164068_22403395.jpg

a0164068_22411152.jpg

a0164068_22412762.jpg

a0164068_22414773.jpg

a0164068_224273.jpg

檜皮は思ったより薄いものでした。
それを1.5cm位づつずらして横一列に葺いて行く作業です。
優美な曲面もえがきます。
モザイクの様で美しいです。
この様な技能が何百年も受け継がれて来ている事に感動します。

今回の催しは京都府の主催でした。
http://www.kyoto-be.ne.jp/bunkazai/cms/?page_id=64
by ssknblg | 2010-11-11 22:45 | いろいろ | Comments(0)

今の賀茂川

久しぶりに賀茂川を散策。
少し色付いて、秋らしく成ってきています。
a0164068_11175178.jpg

a0164068_1119978.jpg

a0164068_11194354.jpg

綺麗に色付くのは、下旬になってかと思います。
賀茂川には楓は少なく、雑木の美しさです。
雑木が鮮やかに感じられるのは、ほんのひと時です。
綺麗なのに感動して、あくる日カメラを持って行くと
鮮やかさが薄れていて、がっかりする事も有ります。
鮮やかなときに出会えれば良いのですが。
by ssknblg | 2010-11-07 11:20 | 四季 | Comments(0)
この週末は天候不順で、
山歩きでは無く、町歩き。
おもに西陣界隈を散策。
長屋の奥の蜂蜜屋さんで蜂蜜を買ったり、
米屋さんがやってる洋食屋さんでお昼にしたり。
そして今日出会ったものの中で、
一番興味深かったのが、西陣織会館で見かけた西陣織の紋紙でした。
a0164068_23154528.jpg

西陣織の織模様を産み出す仕組みです。
このパンチされた穴で、織糸を制御し模様を作り出します。

紋紙を見て、先ず思い浮かべたのはコンピューターです。
穴一つがON・OFFのデジタルの世界です。
コンピューターの原点です。

私がコンピューターの仕事に就き始めた頃、
データーの入力は、紙のカードか紙のテープで、
それに穴を開けて、文字を表していました。

文字はコード化されており、
タイプライターの様なパンチマシンがあり、
文字keyを押すと一文字分の穴を開けてくれました。

紋紙も良く似ていますが、
紋紙は模様を表します。
文字を表すよりずっと難しく複雑です。
どの様にして作るのか不思議でした。

その疑問は3階に行って解決しました。
紋紙を作る機械が展示して有り、
伝統工芸士の方が、実際に操作をして、
丁寧に教えて下さいました。
a0164068_2317650.jpg

その方もやはりコンピューターとの係わりを話されていました。
by ssknblg | 2010-11-01 23:19 | いろいろ | Comments(0)