合同会社設立からの徒然を書いています


by ssknblg
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2014年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今日は、高雄へ。
天神川御池から、京都市バス⑧号系統で高雄へ。
バスは空いていて座ることが出来ました。
平日とはいえ、人出のピークは過ぎた様です。

紅葉も見頃を過ぎつつありました。
それでも、高雄の紅葉は、
木が大きく、本数も多く、ボリュームがあり見応えが有ります。

神護寺、西明寺周辺
a0164068_0333923.jpg

a0164068_034593.jpg

a0164068_0343179.jpg

a0164068_0365356.jpg

清滝へ
a0164068_0372233.jpg

清滝愛宕山登山口付近
a0164068_0382042.jpg

a0164068_042141.jpg

落合
a0164068_0391114.jpg


高雄の紅葉は今週末で終わりかと。
by ssknblg | 2014-11-27 22:30 | 四季 | Comments(0)
上賀茂神社の境内には、
少しばかりの楓の木が在ります。
紅葉の名所と言うほどでは有りませんが、
静かで良い雰囲気で紅葉を楽しめます。
a0164068_143984.jpg

a0164068_151740.jpg

a0164068_154895.jpg

a0164068_161315.jpg

a0164068_165796.jpg

今秋は何処も、緑の葉と赤黒くチリチリになった葉が混在しています。
全体が真赤に成る事が無い様な気がします。

例年でしたら、25日頃が見頃と思いますが。
by ssknblg | 2014-11-22 22:02 | Comments(0)
湖西の坂本周辺を散策。
坂本は、比叡山の東の麓に開けた歴史ある地区です。
穴太積みの石垣で囲われた寺や里坊が連なり
味わい深い景色を作っています。
その中で、西教寺の紅葉が綺麗でした。
a0164068_179431.jpg

a0164068_1710974.jpg

a0164068_1711921.jpg

a0164068_17135869.jpg

まだ緑の楓も有りましたが、
黄や緑が混じり一層きれいです。
a0164068_1712470.jpg

a0164068_17142527.jpg

a0164068_17152691.jpg

琵琶湖が見えていました。
a0164068_17173551.jpg


鶴喜で美味しい蕎麦を食べて帰りました。
by ssknblg | 2014-11-20 22:06 | 四季 | Comments(0)
獅子頭の花が、咲き始めました。
今年は、例年より早く花を付けています。
a0164068_10504558.jpg

蕾も沢山付いています。
a0164068_10511079.jpg

今から、春まで楽しめます。
去年は12月20日頃に咲き始め、
翌4月半ばまで咲き続けていました。

庭で長く楽しめます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
by ssknblg | 2014-11-18 10:53 | 四季 | Comments(0)
2014年11月13日(木曜)

京都西山周辺を散策、

光明寺に立ち寄りました。

思っていたより、色付いていました。
人もまだ少なくゆっくり楽しめました。
a0164068_1542544.jpg

a0164068_15423435.jpg

a0164068_15425864.jpg

a0164068_1543215.jpg

まだまだ緑の木が多いですが、
赤一色で無い、彩りの美しさが有りました。
a0164068_15435039.jpg

a0164068_15441374.jpg

この週末からは人出も増え、
拝観、駐車とも有料になる様で、
売店の準備も行われていました。

これから下旬に掛けて益々綺麗になって行きます。
by ssknblg | 2014-11-13 22:39 | 四季 | Comments(0)
もくもく号で雲ケ畑へ。
北大路8:40発、終点岩屋橋9:15着でした。
a0164068_22251340.jpg

北山は林業の地で、
杉や檜の林が多く、余り紅葉を望めませんが、
少し奥へ入ると、雑木の紅葉・黄葉が錦の様に光輝く時があります。
今は、少し色付き始めた程度です。
それでも、所々色鮮やかで、秋めいて良い雰囲気でした。

岩屋橋の辺は、良く紅葉していました。
a0164068_22255890.jpg

a0164068_2226525.jpg

魚谷山へ
a0164068_22263034.jpg

a0164068_22265143.jpg

a0164068_22274330.jpg

a0164068_22281332.jpg

a0164068_22283867.jpg

a0164068_22295024.jpg


途中で見かけた、
a0164068_22304083.jpg



これから、まだまだ秋は深まって行きます。
by ssknblg | 2014-11-08 22:36 | 四季 | Comments(0)
今年の文化財建造物保存修理の見学は、
抽選に外れ、希望の所の見学は出来ませんでしたが、
知恩院御影堂(国宝)の修理現場を見学して来ました。

御影堂は宗祖法然上人の像がまつられています。
浄土宗の中心となる建物です。
今回の修理は半解体修理です。

修理が始まった頃の様子です。
2012年3月
a0164068_1013965.jpg

現在は素屋根に覆われています。
流石に巨大なものです。
素屋根 間口:73.5m 奥行:72m 高さ:41m
山から京都市街を眺めた時、ランドマークになります。
a0164068_1022885.jpg

今回の見学は屋根部分で、
ヘルメットを被って、素屋根の中に入り
軒先の高さまで上がります。
a0164068_10331100.jpg

瓦やその下地部分が取り除かれ、
構造が剥き出しになっています。

重い屋根を支える小屋組みが、
大棟から優美な曲線を描いて、組まれています。

その下方には軒を支える、桔木(はねぎ)が、
仮置きされています。
a0164068_1044163.jpg

桔木の大きさ
a0164068_1061864.jpg

桔木は、
梃の原理で、深い軒を支えます。
先端の穴に通した金具が、
軒先の一番下の垂木まで貫通し、
吊るした状態で軒先の重さを支えます。
a0164068_1072493.jpg

現在はジャッキで軒を支えています。
a0164068_107549.jpg

a0164068_1082445.jpg

最終的には、歪が出ない様に、
金具を締めて行くのでしょうが
その調整が大変な気がします。

取外された瓦には、
「寛文11年修復」とはいっていました。
a0164068_109949.jpg

鬼瓦も展示されていました。
大きいものです。
a0164068_1094141.jpg

特に大棟の両端の大棟鬼は大迫力です。
a0164068_10101099.jpg

鬼瓦越しに阿弥陀堂が見えていました。
a0164068_10104160.jpg


今回の修理の完成は、2019年(平成31年)の予定です。

円山公園からも素屋根が見えていました。
a0164068_10112012.jpg

by ssknblg | 2014-11-05 10:23 | 四季 | Comments(0)