合同会社設立からの徒然を書いています


by ssknblg
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2017年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

鷹峯には、こじんまりとした
趣の有る良いお寺が幾つか有ります。

その中でも紅葉が一番綺麗なのが常照寺です。
吉野太夫縁のお寺で、全体に柔らかな感が有ります。
吉野太夫が寄進した吉野門 

a0164068_13340174.jpg

鷹峯の中では、境内も広く楓の数も多く紅葉を楽しめます。

a0164068_13340127.jpg

a0164068_13340071.jpg


源光庵の丸窓が有名になりましたが、
常照寺にも丸窓があります。

a0164068_13351494.jpg

完全な円でなく、下が欠けています。
源光庵の張詰めた禅の丸窓
常照寺の柔らかな文人の丸窓



光悦寺は本阿弥光悦のお寺で、気品の有る美しさが有ります。
門からの通路が綺麗です。

a0164068_13354994.jpg

a0164068_13355049.jpg


庭の紅葉は残念ながら終わっていました。
光悦垣のところも彩りは無くなっていました

a0164068_13354914.jpg




源光庵は、余り紅葉は無いので、立ち寄りませんでした。
丸窓を味わうには、シーズンオフの静かな時に限ります。

写真は19日時点です。
常照寺は未だ緑の木も有りました。

a0164068_14524442.jpg

未だ楽しめるのではと思います。





by ssknblg | 2017-11-23 13:38 | 四季 | Comments(0)
八丁平の紅葉・黄葉の美しさに魅了され、
毎年秋になると歩きに行きます。

今年もそろそろかと思い楽しみに出かけたのですが、
すっかり葉は落ちてしまっていました。

先日の台風で色付く前に、吹き散らされてしまった様です。

a0164068_22493203.jpg


a0164068_22493239.jpg


a0164068_22500190.jpg

落葉も枯葉色でした。

a0164068_23093294.jpg


中村分岐の大きなケヤキも葉が落ち、枝も折れ無残な姿でした。

a0164068_22500174.jpg


残念でしたが、
少し残っている彩りを拾って歩いて来ました。

a0164068_22543570.jpg


a0164068_22543539.jpg


a0164068_22543558.jpg


a0164068_22543424.jpg


a0164068_22555520.jpg


マユミの実が赤く生っていました。

a0164068_22572841.jpg

a0164068_22572806.jpg


すすきが飛ばされず残っているのが不思議でした。

a0164068_22581611.jpg


些か冬景色の趣でしたが、
それでも八丁平は良い雰囲気です。


by ssknblg | 2017-11-13 23:13 | 四季 | Comments(0)
今年の文化財建造物保存修理現場の見学は、
幸い2年ぶりに抽選が当たり、
本隆寺本堂の修理現場を見学させて頂きました。

本隆寺は、西陣(智恵光院五辻上ル)に在ります。
本堂は明暦3年(1657年)の再建で、入母屋造、本瓦葺きのお堂です。
今回の修理は、半解体修理で、
今は、瓦降しの最中です。
これまで、檜皮葺、柿葺の様子を見学したことは有りますが、
瓦葺の様子を見るのは初めてです。

素屋根に覆われています

a0164068_17413921.jpg

ヘルメットを被って中へ

a0164068_17413925.jpg

内陣 建具や金具は外されている

a0164068_17423852.jpg

上部の屋根では 半分瓦が降ろされ、土居葺板が露出した状態

a0164068_17423885.jpg

瓦が残った状態で、瓦葺の様子が良く解ります

a0164068_17444102.jpg

土居葺板の上に、葺土止めの竹

a0164068_17444122.jpg


土居葺板の上に葺土が乗せられその上に瓦が葺かれています。
瓦が3枚重なる様に葺かれています。

a0164068_17454768.jpg

平瓦の上、丸瓦の為の葺土 一番下で瓦釘が打たれています。

a0164068_17454736.jpg


降ろされていた瓦が歴史を語っています。
萬治弐年卯月吉日 深草瓦師 青山市?右?

a0164068_17471368.jpg

ふかくさ 治兵?

a0164068_17471485.jpg

深草の瓦師作の鬼瓦

a0164068_17483355.jpg

大仏(方広寺)の瓦師作の鬼瓦

a0164068_17483364.jpg

降ろした瓦は、外観と打鍵検査で
選別が行われていました。

a0164068_17494817.jpg

右:外観不良 中:打鍵鈍い音 左:良品

a0164068_17494812.jpg

作業をされてる方の会社は、
創業350年、住所は深草瓦町でした。
創建当初の瓦師の子孫が、
今でもその瓦の保存修理に携わってられる。
凄い事ですね。

連綿と技術が継承されています。


桜の頃の本隆寺

a0164068_17521443.jpg









by ssknblg | 2017-11-02 17:22 | いろいろ | Comments(0)