合同会社設立からの徒然を書いています


by ssknblg
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:京都府立植物園 ( 34 ) タグの人気記事

梅を見たついでに、
再度、早春の草花展を覗いて来ました。
何度来ても華やかで、綺麗です。

a0164068_10492761.jpg

a0164068_10492780.jpg

a0164068_10492757.jpg

a0164068_10492774.jpg




早春の草花展も12年目になるそうです。
以前は、花の回廊と言っていました。
今でも花の回廊を歩きます。



by ssknblg | 2017-03-08 10:51 | 四季 | Comments(0)
植物園の梅が、綺麗に咲いています。

寒苦を経て清香を発し始めています。

a0164068_21513192.jpg

先日、「早春の草花展」を見に来た時は、
未だ3分咲きくらいでしたが、
今は、6~7分咲きです。

a0164068_21513021.jpg

a0164068_21520072.jpg

a0164068_21513067.jpg

a0164068_21520020.jpg

a0164068_21513174.jpg

a0164068_21513163.jpg

a0164068_21520097.jpg

a0164068_21515936.jpg





今でしたら、「早春の草花展」も一緒に楽しめます。
早春の草花展の会期は、2017年3月20日迄です。




by ssknblg | 2017-03-07 22:07 | 四季 | Comments(0)
京都府立植物園では、早春の草花展が開かれています。

京都で、一番早く春が訪れます。

a0164068_22355895.jpg

a0164068_22325281.jpg

a0164068_22481578.jpg

a0164068_22481494.jpg

a0164068_22481511.jpg

a0164068_22495294.jpg

a0164068_22515587.jpg

a0164068_22515439.jpg

日本の原風景の春もありました

a0164068_22541785.jpg

a0164068_22541780.jpg

a0164068_22541664.jpg


今日も北風が強く寒い一日でしたが、
観てるだけで、暖かくなりました。

会期は、2017年3月20日迄です。
開催時間は、10時から16時
場所は、大芝生地北側特設会場



by ssknblg | 2017-02-24 23:01 | 四季 | Comments(0)

朝顔展 2015年8月1日

京都府立植物園で、朝顔展が開かれています。
今年で56回、京都の夏の風物詩です。
a0164068_2382451.jpg

会期は8月4日(火曜)まで、
時間は朝7時からです。
会場は北山門を入った噴水広場の南側です。
正面から入ると分りずらいですが、
北山門を目指すと良いと思います。
a0164068_2394225.jpg

a0164068_23101188.jpg

a0164068_23104858.jpg

a0164068_23113484.jpg

a0164068_23121820.jpg

a0164068_23154433.jpg

a0164068_2320888.jpg

a0164068_2316818.jpg

a0164068_2318164.jpg


京都府立植物園のホームページ
http://www.pref.kyoto.jp/plant/
by ssknblg | 2015-08-01 23:23 | 四季 | Comments(0)

植物園の桜 2015年4月2日

植物園の桜も満開です。
ここは、並木では無く、桜の林です。
a0164068_236597.jpg

a0164068_2372813.jpg


京都で一番立派な枝垂れ桜。
a0164068_2375420.jpg


植物園だけに、色んな種類の桜が植えられています。
a0164068_2391746.jpg

a0164068_2394078.jpg

a0164068_23111815.jpg

桜ライトアップも行われています。
 開催日:   3月27日(金曜)から4月12日(日曜)
 入園時間:  9時から20時 閉園時間:21時 
 ライトアップ: 日没(18時30分頃)から21時

以前のですが、桜ライトアップの様子
http://ssknmn.exblog.jp/15032639
by ssknblg | 2015-04-02 23:12 | 四季 | Comments(0)

寒苦を経て清香を発す

昨日、「早春の草花展」を、
京都で一番早い春の訪れと紹介しましたが、
植物園では、ほかにも春の香りがしだしています。
梅が咲き始めていました。
a0164068_18275360.jpg

a0164068_18281795.jpg

a0164068_1828366.jpg


寒苦を経て清香を発し始めています。
by ssknblg | 2015-02-25 18:29 | 四季 | Comments(0)
京都府立植物園で、
「早春の草花展」が開催されています。
京都で一番早い春の訪れです。

今日は気温も上がり春の様でした。
a0164068_2347575.jpg

a0164068_23473595.jpg

a0164068_23475876.jpg

a0164068_23482433.jpg

a0164068_2348475.jpg



3月22日(日曜)まで開催されています。
観覧時間は、午前10時から午後4時まで。
場所は大芝生地の北側です。

植物園:http://www.pref.kyoto.jp/plant/index.html
by ssknblg | 2015-02-24 23:53 | 四季 | Comments(0)
久し振りに京都府立植物園へ行ってきました。
目的は「なんじゃもんじゃ」の花を見に。
a0164068_21561891.jpg

a0164068_2157376.jpg

少し離れて見ると、雪の懸った木の様です。
a0164068_21575051.jpg

「なんじゃもんじゃの木」が在る場所は、
大芝生地の西北隅、中央休憩所の傍です。
a0164068_21581934.jpg


芍薬園では芍薬が綺麗に咲いています。
a0164068_21585256.jpg

a0164068_21592860.jpg

バラ園のバラも咲き始めていました。
a0164068_21595279.jpg

a0164068_2201660.jpg

a0164068_2204026.jpg


この木の本名は: ヒトツバタゴ (Chionanthus retusus)  
              モクセイ科ヒトツバタゴ属

詳しくは、京都府立植物園のホームページを参照ください。
  http://www.pref.kyoto.jp/plant/index.html
by ssknblg | 2014-05-13 22:04 | 四季 | Comments(0)
やっと、春らしい暖かい一日でした。
植物園では、早春の草花展が開催されています。
2月の寒い時から、ここだけは春が訪れています。
a0164068_21482036.jpg

a0164068_21484651.jpg

a0164068_214910100.jpg

a0164068_21493264.jpg

去年に比べて少し地味な印象でした。

会期は3月23日(日曜)迄です。
会場の入場時間は10時から16時となっています。
(園自体の開園時間とは異なっています)

会場の外では、福寿草が咲いていました。
a0164068_21504079.jpg

by ssknblg | 2014-03-12 21:51 | 四季 | Comments(0)
今、京都府立植物園では、バラが見頃を迎えています。
植物園のバラは、いつも色鮮やかで、大きく見応えが有ります。
a0164068_21254172.jpg

a0164068_212685.jpg

a0164068_2126592.jpg

a0164068_21274550.jpg

a0164068_21332862.jpg

a0164068_21335083.jpg

a0164068_21343181.jpg

a0164068_2137224.jpg

毎年恒例の、バラ園散歩「たそがれバラ園そぞろ歩き」も、
5月23日(木曜)から、26日(日曜)まで、行われる様です。
黄昏時に、バラ担当の職員の方のお話を聴きながら、
バラ園を散策します。
なかなか良い雰囲気です。

バラ園散歩) 植物園ホームページより
会期:5月23日(木曜)から26日(日曜)
受付:植物園会館前 17時
定員:先着30名
概要:夕暮れに染まるバラ園内を職員が案内


注意)
東端にあったイングリッシュローズが無くなったと残念に思っていたのですが、
西端のこれまで草花花壇だったところに移植されたとの事です。
気が付きませんでした。
by ssknblg | 2013-05-22 21:41 | 四季 | Comments(0)