合同会社設立からの徒然を書いています


by ssknblg
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

定款の作成・記入例

2010年3月17日のブログに書きましたが、
設立登記の際に、私が作成提出した書類は以下のものです。

1.合同会社設立登記申請書
   別紙として「登記すべき事項」
2.定款

3.代表社員,本店所在地及び資本金を決定したことを証する書面

4.代表社員の就任承諾書

5.払込みがあったことを証する書面

6.印鑑(改印)届書

今日はこの内「定款」について話します。
「定款」が会社設立の起点になります。
全ては定款から始まります。

定款では「商号」「事業の目的」「会社の所在地」「構成する人員と役割および出資額」等を定めます。
要するに会社の骨格が決まります。
以降の申請手続きもこの定款に則って進める事になります。

「定款」の書き方ですが、
法務省ホームページに合同会社設立登記申請書の記入例が掲載されています。
その中に「定款」の記入例も載っています。

ここでは、より具体的に私が提出した定款に準じて説明します。

 ----------------------------


                  XYZ合同会社定款

   第1章 総 則

(商号)
第1条 当会社は,XYZ合同会社と称する。

(目的)
第2条 当会社は,次の事業を営むことを目的とする。
 1 情報システムの企画、開発、製造、販売、構築、保守
 2 情報機器・ソフトウェアーの斡旋・販売
 3 情報システムに関する教育
 4 前各号に附帯する一切の事業

(本店の所在地)
第3条 当会社は,本店をAA市に置く。

(公告の方法)
第4条 当会社の公告は,官報に掲載してする。

 (社員の氏名,住所,出資及び責任)
第5条 社員の氏名及び住所,出資の価額並びに責任は次のとおりである。
      金○○○万円 AA市BB区CC町○○番地の○ 
                                有限責任社員 XY太郎

(業務執行社員)
第6条 社員XY太郎は,業務執行社員とし,当会社の業務を執行するものとす
       る。

 (代表社員)
第7条 代表社員は業務執行社員の互選をもって,これを定める。

(営業年度)
第8条 当会社の営業年度は,毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

  以上,XYZ合同会社の設立のため,この定款を作成し,社員が次に記名
  押印する。

      平成22年4月14日   

          有限責任社員  XY太郎   個人実印 

 ----------------------------
   
実名は伏せていますが、以上が、私が実際に提出した定款に準じた記入例です。


注意点)
 前提は、社員一人、現物出資が無い合同会社の場合です。

 ①.事業目的は法務局の相談窓口で、一度確認の意味でも相談する事をお勧
    めします。
 ②.本店の所在地は市で留めています。
    本店所在地は、設立登記申請の添付書類で決定しています。
    市内での移転なら定款を変更する必要が無いと思ったからです。
 ③.日付(ここでは平成22年4月14日)は定款の作成日です。
    設立日では有りません。
    他の書類もこの定款の日付が基準となります。
    特に、申請時に添付する、資本金の払込み証明書の日付(預金の入金
    日)は、この日付以降、でなければならない。 
    定款で資本金が定まって、それに応じて資金を用意すると言う手順になり
    ます。
 ④.ここで押印するのは、個人の実印です。
 ⑤.数字を含めて文字は全て全角を使用しておく方が良い。
 ⑥.この記入例が絶対では有りません。 あくまでも参考にして下さい。
     (本店の所在地)や (公告の方法)等別の方法・記入方 もあるかと
     思います。

オンラインで申請する場合)
 ①.「以上,XYZ合同会社の設立のため,この定款を作成し,社員が次に記名
    押印する。」
    が以下の様になります。
   「以上,XYZ合同会社の設立のため,この電子定款を作成し,社員が次に
    電子署名する。」

 ②.実印部分が電子証明の印影になります。

この記入例を見て頂くと判る様に、記入する事はそう難しいものでは有りませんね。
自分の申請に必要な項目を整理し、一度書いてみると良いと思います。

以上参考になればと思います。
by ssknblg | 2010-04-14 21:42 | LLC設立 | Comments(0)