合同会社設立からの徒然を書いています


by ssknblg
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

住基カード・電子証明書を入手(12月9日)

2010年5月20日のブログから、
実際の登記申請の作業が、時系列で分かる様に、
実際の日を追って、説明して来ています。

「設立登記申請の準備作業」・「公的個人認証」の頁も参考にして下さい。

今日は、12月9日の事を書きます。
この間12月5日から間が空いてしまっています。
住基カードの発行が、申請から1週間も掛ると思っていなかった誤算です。
(自治体によっては即日発行の所もあります)

2009年12月9日に行った作業
1.住基カードの受取
2.公的個人認証サービスの電子証明書の取得
3.ICカードリーダーライターのセットアップ
4.公的個人認証のクライアントソフトのセットアップ 

1.住基カードの受取
   住基カードの受取期日なので、
   12月4日に届いていた確認通知を持って、
   区役所に行き、住基カード受け取る。

2.公的個人認証サービスの電子証明書の取得
   住基カード受け取ったその場で、電子証明書発行の手続きをする。
   すぐに書き込んでもらえる。
   その際、設定するパスワードが必要です。
   費用は
        住基カード発行:500円  電子証明書:500円

この後、パソコンで各種設定を行い、
ICカードリーダーライター、住基カード、電子証明書の動作確認・内容確認を行いました。

3.ICカードリーダーライターのセットアップ
   ICカードリーダーライターをパソコンに接続し、設定を行います。

   公的個人認証サービスポータルサイトに説明が有ります。
   ICカードリーダーライターのドライバーをダウンロードし、インストールします。
     ①.メーカーのホ-ムページからダウンロードする。
     もしくは、
     ②.「公的個人認証サービス対応ICカードリーダライタ普及促進協議会」の
        ホームページには各機種のドライバーが整理してあります。
          
   この作業は、機種やバージョンによって手順は異なりますので、
   ここでは、作業の詳細は省略します。
   上記のサイトの説明や、それぞれの機種の説明書を参照して下さい。

4.公的個人認証のクライアントソフトのセットアップ
   住基カードに書き込まれた電子証明書の内容を見たり、
   電子証明を付与したり、パスワードの変更等を行う為のソフトを、
   パソコンにインストールします。
   このクライアントソフトの利用方法は、公的個人認証サービスポータルサイトにでています。
   
   この作業も、機種やバージョンによって手順は異なりますので、
   ここでは、詳細は省略します。

上記の作業で、電子証明書を扱うことが出来る様になります。

実際に、パソコンにICカードリーダーライターを接続し、
住基カードの内容を参照し、動作を確認する事が出来ました。
by ssknblg | 2010-06-01 22:13 | LLC設立 | Comments(0)