合同会社設立からの徒然を書いています


by ssknblg
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

JAZZとダックス

2枚のJAZZアルバムが有ります。
どちらも、ピアノとベースのDuoです。
ベースはどちらもCharlie Hadenです。

1枚目は、Hank Jonesとの「STEAL AWAY」
サブタイトルに「Spirituals, Hymns & Folk Songs」とある様に、
演奏されている曲は、霊歌や賛美歌そしてフォークソングです。
JAZZとダックス_a0164068_22375226.jpg

1. IT'S ME, O LORD (STANDIN' IN THE NEED OF PRAYER)
2. NOBODY KNOWS THE TROUBLE I'VE SEEN
3. SPIRITUALl
4. WADE IN THE WATER
5. SWING LOW, SWEET CHARIOT
6. SOMETIMES I FEEL LIKE A MOTHERLESS CHILD
7. L'AMOUR DE MOY
8. DANNY BOY
9. I'VE GOT A ROBE, YOU GOT A ROBE
10. STEAL AWAY
11. WE SHALL OVERCOME
12. GO DOWN, MOSES
13. MY LORD, WHAT A MORNIN'
14. HYMN MEDLEY
     Abide With Me
     Just As I Am Winthout One Plea
     What A Friend We Have In Jesus
     Amazing Grace

いつかどこかで、聞いたことのある曲ばかりです。

2枚目も同じ様に、ピアノとCharlie HadenのベースのDuoで、
ピアノはKeith Jarrettです。
アルバムのタイトルは「JASMINE」で、スタンダードが演奏されています。
JAZZとダックス_a0164068_2239958.jpg

1. FOR ALL WE KNOW
2. WHERE CAN I GO WITHOUT YOU
3. NO MOON AT ALL
4. ONE DAY I'LL FLY AWAY
5. Intro - I'M GONNA LAUGH YOU RIGHT OUT OF MY LIFE
6. BODY AND SOUL
7. GOODBYE
8. DON'T EVER LEAVE ME

どちらのアルバムも、シンプルで丁寧な演奏で、心がこもっています。

実は、1枚目の写真には、犬の尻尾が写っています。
我家の愛犬で、ミニチュアダックス雌5歳です。
この「STEAL AWAY」を聞くと、おとなしくなるのです。
おとなしくと言うよりも、落ち込んでしまうのです。
夕食どき、お腹がすくと、ワンワンとうるさいのですが、
このCDをかけて措くと、静かなのです。
聴くと、暫く元気を無くしてしまうので、
今は聞こえる所では、掛けない様にしています。

一方「JASMINE」は、落ち込む事も無く、気持ち良く聞いています。

霊歌や聖歌に、何か感じるものが有るのでしょうか!
タグ:
by ssknblg | 2010-07-27 22:43 | JAZZ | Comments(0)