合同会社設立からの徒然を書いています


by ssknblg
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アナログレコードをデジタル化 その2

2015年9月28日のブログで
この記事を見に来られる方がおられますので、
もう少し具体的に接続方法も書いておきます。

変換に使用している機器は、BEHRINGER UFO202にです。

アナログレコードをデジタル化するのにも使えます。

「レコドプレイヤー」~「UFO202」~「パソコン」接続の方法

1.レコドプレイヤーとUFO202の接続

2通りの接続方法が有ります。

①. UFO202内臓のフォノイコライザー(MC型カートリッジは非対応)を使い、
   レコドプレイヤーとUFO202を直接繋ぐ。
 
   レコドプレイヤーからの出力コードをUFO202の入力端子に繋ぐ。
   アース線が有れば、GND端子に留める。
   UFO202のINPUTの切替スウィッチを「PHONE」にする。
a0164068_20535323.jpg

②.オーディオアンプを経由
   レコドプレイヤーとオーディオアンプを繋いでいる場合は、
  
   オーディオアンプに「TAPE OUT」や「REC OUT」の様な
   出力端子が有れば、
   その端子とUFO202の入力端子に繋げば良い。
 
   UFO202のINPUTの切替スウィッチを「LINE」にする。
a0164068_20543596.jpg

2.PCとの接続
    UFO202のUSB端子(コード)をPCのUSB端子に接続
 
    PCのコントロールパネルから「サウンド」を選び、
    「録音」タグを選ぶ。
    UFO202が表示されるので、それを選択
  
以上で接続は簡単に完了です。
 
後はパソコンの録音ソフトを使用して、
デジタル化された音声を取り込みます。
 
パソコンの録音ソフトは、「Audacity」を使用しています。
 
「Audacity」に関しては、色々紹介されていますので、
そちらを参照してください。
 
後日、私も「Audacity」を使った録音、音楽ファイルの作成手順を、
紹介しようと思っています。
 
 
 
 
 
 
 











by ssknblg | 2016-02-29 21:01 | JAZZ | Comments(0)