合同会社設立からの徒然を書いています


by ssknblg
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

祇園祭 鉾建て 

今日は、所用が有り四条へ。
四条界隈は、祇園祭の鉾建ての真っ最中でした。

船鉾では、櫓本体が組まれているところでした。
ここから大きな船が形作られるのが不思議な気がします。
本当の船を造るのと同じ技法との事です。

a0164068_23475780.jpg


傍らには、組立て(縄絡み)に使う縄が置かれていました。
丸く束ねて有った縄を解き、使い易い長さと束ね方に整えられています。

a0164068_23361848.jpg

船鉾は使用される部材も他の鉾に比べて多そうです。

a0164068_23361818.jpg




月鉾は、櫓を後ろに寝かせた状態でした。
真木が櫓に取り付けられ、飾りの最中です。

a0164068_23445755.jpg

a0164068_23373808.jpg

飾りが終わると、取り付けられた梃子を利用して
引き起こされます。

a0164068_23373967.jpg




函谷鉾は、櫓に真木が取付けられ、立てられていました。

a0164068_23383974.jpg

a0164068_23383941.jpg


縄絡みは工芸品の様です。

a0164068_23383991.jpg

巡行や辻回しの際、鉾は揺れ、軋みます。
それを吸収しているのが、この縄絡みでしょう。
巻き方、締め方に、先人からの知恵が凝縮されている様です。






by ssknblg | 2017-07-11 23:50 | 四季 | Comments(0)