合同会社設立からの徒然を書いています


by ssknblg
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

文化財建造物の保存修理 (黄檗山萬福寺 鐘楼・西方丈) 2018年11月2日

文化財建造物の保存修理現場公開

今年も見学して来ました。
今年は幸い申し込んでいた2箇所とも見学出来ました。

1) 聴竹居 本屋・閑室【重要文化財】(大山崎町)
2) 萬福寺 伽藍堂・鐘楼・西方丈【重要文化財】(宇治市)

黄檗山萬福寺)
鐘楼、伽藍堂、西方丈の修理を見学しました。

ヘルメットを被り素屋根の中へ

a0164068_15450657.jpg

鐘楼は、
瓦を降ろされ、
野地板、野垂木も外され屋根の構造が良く判る状態です。

a0164068_15462338.jpg


構造材は一部修復されています。

a0164068_15471799.jpg

修復部分には「平成30年修補」の焼き印が押されています。

a0164068_15471648.jpg

「うしとら」と書かれた材もあります。

a0164068_15490283.jpg


鬼瓦は複数の職人さんの手に成っている様です。
今で言うJV(ジョイントベンチャー)だそうです。

a0164068_15494006.jpg


素屋根は木で組まれています。
これも技術の伝承です。
a0164068_15504767.jpg


今回の修理では、腐朽部分の修復と軽量化が図られるとの事です。



西方丈では)
こけら葺きの作業中でした。

a0164068_15520780.jpg

厚さ3mm程の板(椹)を横へ並べ竹釘で留め、
下から上へ葺いて行きます。

所々銅板が挟まれています。
銅には腐朽の防止効果があるそうです。

板の長さは36cm、上下の間隔が3.6cmで10枚が重なることになります。
3mm掛ける10枚で葺かれた厚さは3㎝程になります。

板の表面はざらっとしています。
葺かれた処をしたから見ると随分隙間が有ります、
通気性を保ち、毛細管現象で水を含むことを回避し、
耐久性が高まります。

a0164068_15525349.jpg

使用されている、椹の板

a0164068_15532614.jpg

使用されている竹釘

a0164068_15541498.jpg

こちらの素屋根は金属です。

a0164068_16261880.jpg




出来上がった所は、工芸品の様です。

a0164068_15585095.jpg

a0164068_15585084.jpg




今回の作業も携わってられるのは若い方で、
頼もしく感じます。
毎年感じるのですが、
年季のいる、地道な仕事です。
技術の継承に必要な仕事です。
頑張って行って頂きたいと思います。


今年は、応募した2ヶ所とも見学することが出来ました。
抽選で一つも当たらない年も有ります。
年々当たり難く成っていると思っていました。
2ヶ所とも当たってラッキーと思っていたのですが、
応募者が少なかった様です。
少々残念な気がします。
歴史的な建物がどの様に修復されているのか。
通常では見られない内部の構造に目を見張る事も多いです。
歴史上の事物や人物の痕跡に出合い驚く事も有ります。

是非一度参加されたらと思います。













by ssknblg | 2018-11-02 21:36 | いろいろ | Comments(0)