合同会社設立からの徒然を書いています


by ssknblg
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:散策 ( 319 ) タグの人気記事

初詣  2020年1月3日

初詣は毎年、上賀茂神社に詣ります

広々として明るく、とても清浄な感じがします。
京都で一番好きな神社です。

初詣  2020年1月3日_a0164068_23400305.jpg



新たに客寄せのものが作られることも無く、
昔からの変わらぬ境内が維持されています。
それも好もしいところです。


今年も良い年でありますよう。







by ssknblg | 2020-01-03 23:43 | 四季 | Comments(0)
修学院離宮の前を通り掛ると、
当日受付の表示が有りました。

早速申込、参観することが出来ました。
長年京都に住みながら果たせて無かった事が、
思わず叶いました。

修学院離宮は上・中・下の3つの離宮からなり、
その間高低差は40m近く、参観コースは3km余り歩きます。
所用時間は約1時間半でした。

建物は、簡素ですが趣向を凝らしたものです。
庭は広大で綺麗に整えられ他に類を見ないものです。

総門を入り、休憩所で説明を受けます。

修学院離宮  2019年12月20日_a0164068_22581481.jpg


その後、御幸門から下離宮へと進みます

修学院離宮  2019年12月20日_a0164068_22581444.jpg


寿月観 御輿寄

修学院離宮  2019年12月20日_a0164068_22581437.jpg


寿月観

修学院離宮  2019年12月20日_a0164068_22581404.jpg


修学院離宮  2019年12月20日_a0164068_22581397.jpg


外は山を背景に広々とした景色が広がります。

修学院離宮  2019年12月20日_a0164068_23005121.jpg



離宮を結ぶ松並木も風情が有ります。

修学院離宮  2019年12月20日_a0164068_23005103.jpg



田畑が上手く取り入れられ庭園の一部と成っています。

修学院離宮  2019年12月20日_a0164068_23005115.jpg



中門を入り中離宮へ

修学院離宮  2019年12月20日_a0164068_23005198.jpg



客殿 最も立派な建物

修学院離宮  2019年12月20日_a0164068_23040035.jpg


杉戸に描かれた祇園祭

修学院離宮  2019年12月20日_a0164068_23005206.jpg



一の間の霞棚

修学院離宮  2019年12月20日_a0164068_23045578.jpg



楽只軒の襖絵 吉野の桜

修学院離宮  2019年12月20日_a0164068_23045536.jpg



御成門から上離宮へ

修学院離宮  2019年12月20日_a0164068_23045517.jpg



浴龍池を中心に、回遊式庭園が広がります

修学院離宮  2019年12月20日_a0164068_23072863.jpg


滝も在り

修学院離宮  2019年12月20日_a0164068_23045545.jpg



修学院横山方向の景観 
横山は景観維持のため、離宮に面する側は、宮内庁の所有に成っています

修学院離宮  2019年12月20日_a0164068_23101179.jpg



千歳橋

修学院離宮  2019年12月20日_a0164068_23101142.jpg



窮邃亭

修学院離宮  2019年12月20日_a0164068_23101186.jpg



西浜からは洛中が一望出来ます

修学院離宮  2019年12月20日_a0164068_23113263.jpg


遥か大阪のビル群、あべのハルカスまで見渡せます

修学院離宮  2019年12月20日_a0164068_23113276.jpg



最後には、虹もかかり、心洗われる一日でした。

修学院離宮  2019年12月20日_a0164068_23113246.jpg



雄大な庭園と、簡素な中に優美な建物を調和した

素晴らしい庭園でした。




by ssknblg | 2019-12-20 22:56 | 四季 | Comments(0)
上桂から桂坂まで、東海自然歩道を散策して来ました。

上桂の地蔵院、浄住寺の紅葉はまだまだでしたが、

桂坂は色付いていました。


桂坂 野鳥遊園の紅葉  2019年11月23日_a0164068_23091779.jpg


桂坂 野鳥遊園の紅葉  2019年11月23日_a0164068_23091717.jpg


桂坂 野鳥遊園の紅葉  2019年11月23日_a0164068_23091775.jpg


桂坂 野鳥遊園の紅葉  2019年11月23日_a0164068_23091739.jpg




by ssknblg | 2019-11-23 23:06 | 四季 | Comments(0)
上桂から桂坂まで、東海自然歩道を散策して来ました。

この辺りは、紅葉の穴場です。
紅葉を期待していましたが、まだ少し早かった様です。


それでも浄住寺は大分色付いていました。


浄住寺の紅葉  2019年11月23日_a0164068_21453331.jpg


浄住寺の紅葉  2019年11月23日_a0164068_21401523.jpg


浄住寺の紅葉  2019年11月23日_a0164068_21401550.jpg



この後、桂坂へと歩いています





by ssknblg | 2019-11-23 21:38 | 四季 | Comments(0)
上桂から桂坂まで、東海自然歩道を散策して来ました。
この辺りは、紅葉の穴場です。

紅葉を期待していましたが、まだ少し早かった様です。


地蔵院は、未だ緑のもみじでした。


地蔵院の紅葉  2019年11月23日_a0164068_21525275.jpg


地蔵院の紅葉  2019年11月23日_a0164068_21525131.jpg




この後、浄住寺、桂坂へと歩いています。



by ssknblg | 2019-11-23 21:29 | 四季 | Comments(0)
普門院の修理を見学した後、
庭を散策しました。

紅葉は未だまだで、
緑が綺麗でした。

東福寺のもみじは、まだ緑    2019年11月1日_a0164068_16494790.jpg


東福寺のもみじは、まだ緑    2019年11月1日_a0164068_16494705.jpg


臥雲橋から通天橋の眺め

東福寺のもみじは、まだ緑    2019年11月1日_a0164068_16511964.jpg


通天橋から臥雲橋の眺め

東福寺のもみじは、まだ緑    2019年11月1日_a0164068_16511976.jpg


東福寺のもみじは、まだ緑    2019年11月1日_a0164068_16511935.jpg



紅葉は、3週間後、11月下旬でしょう。



by ssknblg | 2019-11-02 16:47 | 四季 | Comments(0)
今年の文化財建造物保存修理現場の見学は、
東福寺 常楽庵 客殿(普門院)を見学させて頂きました。

建物は文政9年(1826年)の再建で、
入母屋造、桟瓦葺きの方丈建築です。
今回の修理は、半解体修理です。

素屋根に覆われています。

文化財建造物の保存修理 東福寺 常楽庵 普門院 2019年11月1日_a0164068_11192796.jpg

常楽庵開山堂
左手が素屋根に覆われた客殿(普門院)です。

文化財建造物の保存修理 東福寺 常楽庵 普門院 2019年11月1日_a0164068_11192773.jpg


ヘルメットを被って素屋根の中へ入ります

文化財建造物の保存修理 東福寺 常楽庵 普門院 2019年11月1日_a0164068_11192822.jpg


内部は、建具が取り除かれ、
畳、床板が除かれ、根太が露出した状況です

文化財建造物の保存修理 東福寺 常楽庵 普門院 2019年11月1日_a0164068_11192835.jpg

仏間

文化財建造物の保存修理 東福寺 常楽庵 普門院 2019年11月1日_a0164068_11192864.jpg


客間

文化財建造物の保存修理 東福寺 常楽庵 普門院 2019年11月1日_a0164068_11192894.jpg
基礎部分の不陸や白蟻の害が見受けられます。

使われている釘の数々。
90度違えているのは、「てちがい」という金具だそうです

文化財建造物の保存修理 東福寺 常楽庵 普門院 2019年11月1日_a0164068_11192712.jpg



屋根は、瓦、葺土が降ろされています

文化財建造物の保存修理 東福寺 常楽庵 普門院 2019年11月1日_a0164068_11281575.jpg


土居葺板の上に杉?の皮が覆っています
この様な葺き方は初めて見ました

文化財建造物の保存修理 東福寺 常楽庵 普門院 2019年11月1日_a0164068_11281582.jpg

細い竹釘が使われています

文化財建造物の保存修理 東福寺 常楽庵 普門院 2019年11月1日_a0164068_11281400.jpg


降ろされた瓦
九条家の紋が使われています

文化財建造物の保存修理 東福寺 常楽庵 普門院 2019年11月1日_a0164068_11281585.jpg

「洛南深草寺本甚兵衛」の印が押されています

文化財建造物の保存修理 東福寺 常楽庵 普門院 2019年11月1日_a0164068_11281555.jpg

本隆寺でも見かけました
古から瓦は深草の様です

今も続いています

文化財建造物の保存修理 東福寺 常楽庵 普門院 2019年11月1日_a0164068_11281533.jpg

歴史の重みを感じます


素屋根越の開山堂

文化財建造物の保存修理 東福寺 常楽庵 普門院 2019年11月1日_a0164068_11304976.jpg


素屋根の壮観な様に感心して終わりました。

文化財建造物の保存修理 東福寺 常楽庵 普門院 2019年11月1日_a0164068_11304955.jpg




「文化財建造物保存修理」については、
京都府文化財保護課のホームページに詳しく載っています。

http://www.kyoto-be.ne.jp/bunkazai/cms/?page_id=55

修理の歴史
http://www.kyoto-be.ne.jp/bunkazai/cms/index.php?action=pages_view_main&page_id=47
修理の進め方
http://www.kyoto-be.ne.jp/bunkazai/cms/index.php?action=pages_view_main&page_id=48





by ssknblg | 2019-11-01 22:22 | いろいろ | Comments(0)
秋の便りが届きました。


秋のたより  2019年10月31日_a0164068_23012230.jpg


味も香りも満喫です。




by ssknblg | 2019-10-31 23:02 | 四季 | Comments(0)
庭の獅子頭が

夏に花芽を付けていました。

秋に成って、少しピンクがかって、蕾らしくなって来ています。


獅子頭のつぼみ  2019年10月26日_a0164068_22354954.jpg




早ければ、11月半ばに咲き始めます。

そして冬が終わるまで、咲き続けます。





by ssknblg | 2019-10-26 22:31 | 四季 | Comments(0)
植物園のケヤキ並木が、ほんの少し色付いています。

初秋の植物園  2019年10月10日_a0164068_23091035.jpg


初秋の植物園  2019年10月10日_a0164068_23091049.jpg




園内では、コスモスが綺麗です。

初秋の植物園  2019年10月10日_a0164068_23110808.jpg


初秋の植物園  2019年10月10日_a0164068_23110958.jpg


初秋の植物園  2019年10月10日_a0164068_23102398.jpg



ヒメアカタテハも来ています

初秋の植物園  2019年10月10日_a0164068_23102370.jpg


初秋の植物園  2019年10月10日_a0164068_23110941.jpg




バラ園も未だ咲いています


初秋の植物園  2019年10月10日_a0164068_23141381.jpg



初秋の植物園  2019年10月10日_a0164068_23141360.jpg


初秋の植物園  2019年10月10日_a0164068_23141363.jpg


初秋の植物園  2019年10月10日_a0164068_23141322.jpg







by ssknblg | 2019-10-10 23:06 | 四季 | Comments(0)